投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

Raspberry PIを超高音質オーディオマシンに仕上げる

イメージ
アドベントカレンダー16日目の記事です。


http://qiita.com/advent-calendar/2015/raspberrypi
http://www.adventar.org/calendars/778


14日の方のネタを奪ってしまったみたいで申し訳ない(汗)
でも毎年OSCのネタ大好きです。ファンです。サインください。



嘘です。


オーオタから見たラズパイオーディオです。



~序章~ ~ラズパイでオーディオ~
とある日、私はRaspberry PiのGPIOピンを見ているとそこにはI2Sの文字列を目にしました。

~I2Sとは~
ばっさり言うと内部配線用の企画です。
LRCK、BCLK、SDATA、MCLKの4つのデータを転送します。(Raspberry PIではMCLKは出ない)
複数の本数を使うため同軸の方が主流になりました。
更に、昨今、USBで音声データを転送していますが、それは理にかなった転送方法ではありません。なぜならもともと音声データを送る規格ではなく、音声データ以外も同時に転送しているためです。

詳しくはWikipediaへどうそ。


そして我が家にあるPS AudioのDirect Stream DACはI2S入力対応の機器です。
なぜI2Sが備わっているかというと、PS Audioの社長、Paul McGowan氏は面白いことに気づいたのです。

社長「同軸じゃジッターが乗りまくって理想的な転送方法じゃない、だったら内部配線用のI2Sで通信しちゃえばいい!」

「しかしI2Sは複数の本数を使うしどうすればいいんだ・・・・」

「はっ!!!」



そうです。HDMIケーブルなら同時に転送できる本数が多いので1本で転送できるのです。
更にPaul McGowan氏はすごい事にI2Sを独自のおまじないを施しジッターノイズに強い転送方法に変えたのです。そしてそれはネットに無料で公開しております。


~第一章~ ~Raspberry PiでネイティブDSD&ジッターフリー~
と、いうことで、私はI2Sをこの規格に対応しているHDMI変換基板をやなさんオーディオで販売されていたのでポチ。



こちらは自作キットになっていますので、ハンダ付けとか無理っすwって言う方はFIDELIXさんでも販売されておりますのでそちらでポチってね。




つなげるとこんな感じ(ケーブルが硬すぎて…