UniqueMelodyのMAVERICKⅡは激アツのFundamentalサウンドだ!

UniqueMelodyのMAVERICKⅡを買いました。


かっこいいでしょ。



自分は旧モデルのMAVERICKを使ってたんですが今週の月曜日(2/20)にヨドバシさんに試聴機あるかな~~と覗きに行って仲のいい店員さんから「ありますよ!出しますね!」と言ってくれたので視聴。こんなに出してくれた。

出し過ぎである(褒め言葉)

同時発売のMAVISⅡも聴いたんですがこちらも初代MAVISよりも格段に良くなってました。


問題はMAVERICKⅡなのだ。

最初聴いたときにはイマイチかな?と思ったんですがエージングしていくうちにみるみるうちに変わっていった。はじめはディナウディオのようなシャキッとした解像度、広くなった音場、この時点で「買うしかない」と思った。
ディナウディオのスピーカーは自宅にあり、自分も小さい頃からディナサウンドで育ったのでディナのサウンドが好きだ。だから買おうと思った。
だがエージングをしていくにつれ、MAVERICKⅡは更に化けていった。
「濃い」。「濃い」のだ!

これはディナサウンドを通り超えPMCやFundamentalのような激アツロックでシャキッシャキサウンド、しかしながら低域もしっかりと埋もれておらずきれいに鳴らす。そんなイヤホンだった。無論、買うしかないと思った。

FundamentalのRM10、こいつが化物。そんなイヤホンがMAVERICKⅡ


Fundamentalのスピーカーを聴いたときは半端なくドギツイサウンドだと思ったが、今ではこれもまた良きかなと思っていた。そんな中このイヤホンが出てしまった。

そしてギターやバイオリンの弦の音が半端なく良い。イヤホン史上最強にいい。まさにFundamentalサウンドだった。生かと思うくらいガンガン鳴らすのだ。

私は気に入り即店員に交渉、後日取りに行き購入を確定した。

自分はMAVERICKで終着点に行ったなと思っていたんですが、MAVERICKⅡ、恐るべし。

-最終的な評価-
・MAVERICKより音場が広く、高域の伸びが良くなった。聴いてて気持ち良い。
・故に解像度も上がっている。無駄に高域が荒く伸びている感じでは全くない。
・低域も同じく、程よい感じである。無駄に低域が増えてなくてよかった。せっかく高域がきれいに伸びるのでそれを殺さない程度の低域です。
・スピードが圧倒的に上がっている。上がっている故の低域の鳴りの良さだと思う。
・シェルも青くなっていてかっこいい。
・個人的にユニバーサル機ではダントツのトップに入る商品。

お金が許すなら完璧に「買い」な商品です。


P.S. MAVERICK+がなくなるってときにMixwaveの方から「MAVERICKⅡ出ますよ」と言われていたので待ってた甲斐がありました・・・・。


さ ら に MAVERICKⅡは「ラズパイオーディオの会」の試聴機にも使いますので、今度のハイレゾパークinNEZU、OSC Tokyo SPRINGから視聴いただけます!高解像度なラズパイサウンドxMAVERICKⅡのサウンドを堪能あれ!

コメント

このブログの人気の投稿

Raspberry PIを超高音質オーディオマシンに仕上げる

またまたDIATONEのスピーカーを聴きに行った

Raspberry Piで音楽を聴こう!(USB-DAC編)(Volumioの入れ方)