DP-S1Aを使ってみた。

ある日、e-onkyoさんのツィートキャンペーンに参加すると・・・
マジか・・・

ほんの出来心でツィートしただけなので当たるとは思っていませんでした。

これ・・・

というわけで12月の後半、クリスマス手前頃に到着しました。

久しぶりのDAPです。今まではラズパイオーディオでしたので。



エージングがてら2日ほど再生しっぱなしにしていました。

サイズ感はすごく好みです。DP-X1は少し大きいかなぁと思った人なので。
さらにmicroSDカードが2枚刺さるのがGood。2枚刺さるのは中華DAPが多めだったので。 むしろ私は内蔵128GB以上+microSDかmicroSDが2枚刺さらないと購入対象じゃないのです・・・。

ボリュームのグリグリ感はAKより固め。AKみたくカラカラ回る感じではなく、コクコクコクと重めのダイヤルになっています。ただしカチッとした操作感ではないのでそこはちょっとイマイチかな。グリスがヌルヌルしているような感覚です。

GUIは重めです。ハイレゾを再生すると重すぎてもうちょっとなんとかして・・・という感じ。



MQAも再生できます。ただしUIは重たい。

そして肝心の音質。
久しぶりの専用機というだけあって音質はいいです。音場は広いです。クラシックを聴く方は相性良いかと思います。どちらかというとアコースティックな味付けよりも、音場広めでハイレゾ音源鳴らし切るぜと言わんばかりの空気感。

UIが重めという以外はとても満足です。
e-onkyoさんありがとうございます!
これから愛用していきますね!

コメント

このブログの人気の投稿

Raspberry PIを超高音質オーディオマシンに仕上げる

Raspberry Piで音楽を聴こう!(USB-DAC編)(Volumioの入れ方)

ダイアトーンの新スピーカー DS-4NB70 の試聴会に行ってきた。