[電撃レビュー] Seiun JR (JR-2)

先日、私は東京に行っていたのですが、その際、お世話になっているTwitterの教皇さんと会い、Seiun JRを聴かせていただきました。
教皇さんのSeiun JR
するとまぁ素晴らしい音ではありませんか。短時間なので詳しいことは覚えていませんが、良かった。良かったと覚えています。

こりゃいいなぁと思っていると教皇さんが、「Amazonの値段いつ変わるかわかんないし買うなら絶対今のうちですよ」とかとか言うもんですから、私は1週間考えました。。考えて考えて、考えていたら家に届いてました。

はこ
真ん中にうっすらとCDマークが
よく見ると真ん中にうっすらCyberDriveマークがあります。
蓋を外すと・・・


う、う~~ん
斜めに入ってました・・・チャイナクオリティ??
教皇さんと同じローズゴールド。結構かっこいいですよ。

肝心の音質ですが・・・

・やっぱりすごい。
・どこがどうすごいかと言うと、高域の伸びがすばらしいです。だからと言って耳に刺さるような音ではありません。
・低域もボヤけずしっかりなります。
・具体的に言うと「パァンパァン」ではなく、「パンパン!」と、タイトな鳴り方。しっかり引き締まってる感じです。
・WM1シリーズのような濃い感じの音ではなく、少しあっさりしてる感じ?
・AK?DP-X1?ハァ?って感じの音がします。好みの問題ですけど、僕はこの音のほうが好きです。
・操作性はまぁまぁ、Xduoo X3よりかはマシだと思います。
・値段が値段なんで、躊躇してる方も多いと思いますが、私もそうです。買ってしまって失敗したなぁ・・・・と思っていたのですが、音を聴いて一変。買ってよかった~と思える商品。音だと思います。
・今ならImpact Duraがついてくるので更におすすめ。
・USBDAC機能があるので更におすすめ

おすすめ

いやぁ~久しぶりにこんなに音楽を楽しく鳴らすDAPを手に入れた気がする。
音楽を聴いててすごく楽しいです。

コメント

このブログの人気の投稿

Raspberry PIを超高音質オーディオマシンに仕上げる

Raspberry Piで音楽を聴こう!(USB-DAC編)(Volumioの入れ方)

またまたDIATONEのスピーカーを聴きに行った