DIATONEサウンドナビの試聴会に行ってきた

以前DIATONEの新型スピーカーの試聴会に行った私ですが、その後DIATONEサウンドの虜になってしまいました❤

いろいろ調べてみるとDIATONEサウンドナビの試聴会がサウンドエナジーさんであるではありませんか!?

なんとフラッグシップスピーカーSA1000のデモカーも来るとのことで、行くしかないと思い行ってみることに。






こんな感じでMZ100とMZ200が聞き比べられるようになってました。スピーカーはDS-G500でした。

MZ100とMZ200では、たしかに音は違いました。低域の音が濃く、しっかり鳴っておりました。
MZ100ではちょっと足りないかなぁ~みたいな感じがMZ200ではなくなってました。

次にデモカー視聴です。

システムは、

MZ200PREMI→A09X→SA1000の2WAYとSW-G50がついていました。



ちなみに車はアウトランダー、スバル好きなので嬉しかったですね(こんなことろで喜ぶ)

はっきり言ってすごい、ニヤける。笑ってしまうくらいの高音質。
スピードが速い、高域もキレーに伸びる。もちろん低域もおざなりではない。ボーカルがすぐ目の前にあるかのような音。そして2WAYや3WAYであるような"音の切れ目"もなく、なめらかな音でした。
A09X使ってるから反則だろ~感はありますが、フラッグシップということでヨシ。
車でこれだけ鳴ったらほんとにすごいです。すごい時代になったもんです。


MZ200のAUXが良くなったから気になるなぁ~と話していると三菱の方から「試してみます~??」と言われちゃったので、こりゃ試すしかないということでさっきの試聴会場にもどり、MZ100とMZ200でAUX入力を試すことに。
その際、サウンドエナジーさんから「AUX入力をするときは音悪くなるからね!!あんまり期待しないで!!DAPやスマホのDACは音が悪いよ!!」と一言説明していただけました。詳しいですねぇ~わかってますね~「一言説明しておかないと、がっかりされるお客様がいるので」とのこと。たしかにそうだ、一度スマホでしょぼいDACでアナログに変換してAUXでA/D変換する訳ですから、音が悪くなる。この説明をちゃんとしてくださるサウンドエナジーさん。あっぱれ。。

しかし、今回はラズパイなもんで、その心配はご無用。
というわけで




こんな荒業を(汗)。。

しかしビックリ玉手箱、かぁなり実用的。カロXのAUXより音がいいじゃありませんか!!これはラズパイがすごいのかいやはやMZ200がすごいのか、MZ200がすごいんです。AUXでもしっかり鳴ってくれている。これはアリですなぁ!DSDも再生できるし、下手すりゃネットラジオも聴けます。

と大満足の私❤

MZ100のAUXも良かったのですが、音がノペーとした平べったい音でした。


最後に

このようなイベントを開催してくださいました三菱さん、サウンドエナジーさんありがとうございました。また、AUX繋いでみたいというわがままも答えてくださりありがとうございました。

やっぱりDIATONEいいぞ!!


にしても、試聴会で流れたEaglesのHell Freezes OverのK2HD、音いいですな。ポチッとこ~

コメント

このブログの人気の投稿

Raspberry PIを超高音質オーディオマシンに仕上げる

Raspberry Piで音楽を聴こう!(USB-DAC編)(Volumioの入れ方)

またまたDIATONEのスピーカーを聴きに行った